Shingi's Signal
rabbitboy:

1406152315356.jpg

sciencepatrolhq:

ULT-1 KAI-0

若い人に何をやりたいか聞くと、特にないですって返事がくるという話をしたら、あれはやりたいことがないんじゃなくて、その質問にどういう答えをするのが正解なのか分からないからだ、という話を聞いた
Twitter / akio0911 (via rpm99) (via wideangle) (via udonchan) (via otsune) (via aso) (via ak47) (via rosarosa-over100notes) (via mcsgsym) (via head) (via katoyuu) (via whitigeld) (via highcampus) (via taisukeorg) (via nobby0-0) (via galliano) (via toronei) (via k2low) (via yellowblog) (via eternityscape)
Q. 日本にひじき専門の料理店ってありますか?

A. 残念ながら聞いたことがありません。

日本ひじき協議会

(via kogumarecord) (via tatar) (via nakanishique) (via natsumix) (via gkojax)

(via hinthint)

2009-09-10

(via gkojay) (via hepton-rk) (via sesuna) (via yotta1000)

(via noro999qqq) (via overhilowsee) (via fishandmush) (via toyoyu) (via yellowblog)

ビジネスチャンス!

(via kotoripiyopiyo)

(via ipodstyle) (via toronei) (via katoyuu) (via f-zi) (via hkdmz) (via 2011-11)

(via 2011-11) (via murderess-honey) (via moja-moja)

(via auxo) (via yuuyamatsumoto) (via mikanthecat) (via yellowblog) (via eternityscape)

31: チーター(大分県):2013/07/08(月) 20:28:25.55 ID:bQEagF/b0

でも、「明治時代の子供人口」と
「現在の子供人口」が同じぐらいなんでしょ?

明治時代と言えば偉人も天才も大勢出てきて
国全体に活気があった時代。

子供の人数が同じでも、それだけ元気な歴史が作れるんだから、
問題なのは「少子化」じゃなくて「多老化」でしょ(´・ω・`)

あちこちで「子供が少ないせい」みたいに言うのはミスリードだよね。

omiyage-records:

Makoto Fujita / Naniwa Ninjo

omiyage-records:

Makoto Fujita / Naniwa Ninjo

everydaystruggling:

なんとなく保存したgifアニメ画像 Part38(30枚):ネタ画像置き場
15年前に戻って「無罪モラトリアム」の頃の椎名林檎の熱狂的ファンに「彼女は将来サッカーW杯のNHK公式ソングを歌うよ」と耳元で囁いたらすげえ怒られそうな気がする。

当時の彼女は日本のJ-POPの1ジャンルとして綿々と続く「メンヘル系」のある意味代表的な立場であったわけですが、日本のそれ系の女子シンガーは不器用というか本物のソレである場合が多々ありまして概ねうまく転がれずに短期で消えていく中、椎名林檎はそれ以降俺評して「産業戸川純」「偏差値55以上のための浜崎あゆみ」の域に到達、元々の空気をきっちり保ったまんま恐ろしいほどのメジャー感も同時にまとうウルトラC級の傑作「勝訴ストリップ」を生み落とし、それ以降も活躍を続けるわけです。
少なくとも日本の音楽業界過去から現在まで、彼女以上にセルフ・プロデュース能力に長けた人を自分は知りません。ソロ活動休業、バンド立ち上げ、バンド収束、その全てが今振り返るとすさまじく「そこしかない」タイミングで実施され、その度に自分の表現やパブリック・イメージの幅を無闇に拡大、それでも音楽的な体幹が強靭なため、基本軸全くブレないというとんでもなさ。

とりあえず、彼女とaikoを輩出している時点で「第5回ヤマハ・ミュージック・クエスト」はすげえ。でも二人とも優秀賞で、その時グランプリだった谷口崇は今何をしているのだろうなあ。

vimeo:

Attention. This is just a 3D Futurama test.

Q:イングレスの今後の展開について

大きな構想としては、プラットフォームとして発展させ、イングレスの上でクリエイターやデベロッパーがイングレスのようなゲームを作れるような環境を作っていくことです。ゲームは無数にあるけど、外に出て遊べるゲームは、本当に少ない。外に出て遊べるようなゲームを作れるプラットフォームとして育てていくのが、イングレスのビジョンです。

また、今ゲームの業界は分岐点に差し掛かっていると思っています。1つはバーチャルリアリティーの世界を作り上げて、こもって外の世界と隔絶された状態でゲームを楽しむもの。もう1つはリアルな世界で、実際に顔を合わせてコミュニケーションしながらやるゲーム。我々はテクノロジーを使って、後者の方向に踏みだそうとしています。

Q:なぜコミュニケーションを重視するのか?

私はどうすれば、人を幸せにできるか?ということを考えています。人生の楽しみの中で、大きなものを2つ出すとすれば、1つはエクササイズ、歩いたり、走ったり、バイクに乗ったりすると、気持ちよくなるような化学物質が身体の中から出るものです。2つ目は、他の人間とコミュニケーションを取ることで、人は幸せになるものです。

グーグルアースのストリートビューには生活に役立つことがいろいろとあり、1つは実際に出かける前に計画を立てて、冒険の準備ができます。もう1つはGPSを使って、自分の行動を地図上の記録して楽しめるということです。そして、人々がそういったデータをグーグルマップ上で情報レイヤーとして楽しんでいるを見ていて、外に出て、その情報を見たり、改善できたりするとできるともっといいことが起きるのではないか? と考えたことが、イングレスを作るきっかけの1つとなっています。イングレスをプレイしていると、特に目的がなく歩いていても、外に出ればあたらしい情報に触れることができます。